2007年08月17日

映画:Life 天国で君に逢えたら

今週火曜日、お盆のど真ん中、大阪市内も空いてた頃に試写会に行って参りました。
↓試写会でいただいた団扇。大きさは端から端がA4サイズ大ぐらいです。
うちわ1 うちわ2
映画はノンフィクション派としては、やはり胸が詰まるお話でしたが、決して暗いシビアな感じだけではなく、現実をしっかりと受け止めて、風に逆らわないで風に乗って、笑顔で運命を全うする潔さに、心地良い風に吹かれている様な爽快感がありました。
最初のツボ的シーンでは、誠さんのイントロギターが泣かせます(笑)。曲が映画にぴったり合っていて、非常に良かったです。どうでもいい情報ですが、曲以外の、他のBGMでのアコギの音は、誠さんじゃないみたい(←未確認情報)。桑田さん名義のCD用のPVにも、映画のシーンを沢山盛り込んでありますが、アレでは映画の良さは余り伝わりにくいかも?。実際に大きなスクリーンで観ると、曲と画の相乗効果ありまくりです。是非、映画館で、やむなく終了後はDVDで観てみてください(^-^)。

映画公式サイト
http://www.life-tenkimi.jp/
主題歌「風の詩を聴かせて/桑田佳祐」←泣かせるギターは斎藤誠さんです^_^)
posted by A2 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2007年06月07日

映画:ドルフィンブルー

ドルフィンブルー私の好きなジャンル:ドキュメント・ノンフィクション(実話に基づく映画)です。
病気で失ったイルカの尾びれのために、利益を度外視したブリヂストンのスタッフが試行錯誤して人工尾びれを作ることになった実話です。数年前?にTVでドキュメント番組を放送していて、感動したことを覚えています。それの映画化なら是が非でも観なくてはいけません(笑)。ついでに主題歌は、みつきさんという新人さんで、コブクロの小渕さんプロデュース(編曲)ですが、そのシングルのc/wには、馬場俊英さん作詞作曲も1曲あります(笑)。


映画 公式サイト http://www.dolphin-blue.com/

ブリヂストンのサイト
http://www.bridgestone.co.jp/eco/project/dolphinblue/
http://www.bridgestone.co.jp/eco/project/project_dolphin.html

いくつか↓本も出ています。

とべ!人工尾びれのイルカ「フジ」
とべ!人工尾びれのイルカ「フジ」―世界初のプロジェクトに挑戦した人びと
もういちど宙(そら)へ
もういちど宙(そら)へ―沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカ フジの物語
奇跡のイルカ フジ ビジュアルBook
奇跡のイルカ フジ ビジュアルBook
posted by A2 at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2007年06月01日

映画:Life 天国で君に逢えたら

「Life 天国で君に逢えたら」公式サイト
http://www.life-tenkimi.jp/

予告編で、桑田さんの新曲も流れています(^-^)。
柔らかな穏やかなメロディが良い感じ♪

内容も、私のツボジャンル:ノンフィクションベースなので、非常に観たいです。公開楽しみですね♪
posted by A2 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年10月04日

映画:涙そうそう

「涙そうそう」オリジナル・サウンドトラック←涙そうそう・サントラCD
9/30から公開中の映画ですが、先週火曜日、珍しく試写会に当たったので行って来た。
BEGIN作曲、森山良子作詞の「涙そうそう」の歌詞を元に作られた映画で、森山良子さんの実のお兄さんを想って書かれた歌詞なのだそうだ。妻夫木くんのファンじゃないけど、「芸能人では珍しく生活感のある上手い役者」と言われていたのが解った気がした。
個人的には、子役の2人、島のおばあちゃん、市場のおばあちゃん(おばちゃん?)がツボでした。必ず泣くので(笑)、映画を観に行かれるかたは、タオルまたはハンカチ持参推奨(笑)。それと!エンドロールは一番最後まで観ましょう^^)。
映画公式サイト:http://www.nada-so.jp/
posted by A2 at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2006年02月07日

試写会。

ナルニア国物語 〜第1章ライオンと魔女〜
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5010
の、8(水)の試写会券が当たったのだけど、仲良しの友達はNG続きで、私も仕事忙しいので流してしまいそうな気配(^_^;;;。

8(水)18時開場/19時開演
フェスティバルホール(地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅すぐ)
万一、行きたい人が居たら連絡してねー。
フェス前に、お届けぐらいなら行きますので(笑)
posted by A2 at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年01月25日

映画:オリバー・ツイスト

http://www.olivertwist.jp/
「オリバー・ツイスト」の試写会行ってきますた。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5463
↑この映画紹介サイト (注意:8割ぐらいネタバレ有)
に、「アカデミー賞に輝く『戦場のピアニスト』の名匠ポランスキー監督が、〈未来〉を生きるすべての人々に贈る最高の感動巨編!」って書いてたんで、感動出来るのかな、と思ったけど、確かに最後は良い結末なのですが、どうも心の底からすっきりしない悶々巨編!でございました(^_^;。
制作費80億と言われているセット設営とかは流石にすごい!のですが、内容のストーリー的なもろもろ細かいところがせつなくて、それどころじゃねぇ(笑)です。オチも、もぅちょっとその他の登場人物の結末も知りたかったかも。
検索してみたら、どうやら原作本があって、既にDVD化されてるっぽいですね。原作本を読んで、脇役達の細かい結末とかも含めてスッキリ知りたい(笑)。

原作本:新潮文庫「オリバー・ツイスト〈上巻〉」左側、「〈下巻〉」右側
 

DVD:オリバー・ツイスト
posted by A2 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2005年03月10日

「ナショナル・トレジャー」

「ナショナル・トレジャー」の試写会に行ってまいりますた。
http://www.movies.co.jp/nationaltreasure/
公式サイトの文字が暗くて読めないんだけど、MACだからですか?^^;。と言う訳で余り予習せずに行って来たよ(笑)。
上映前に、本物の金貨2000枚も見せつけられた(笑)。+直径30cmもある、30kgだったっけ、超でかい金貨も。でかい金貨は5000萬円らしい。(写真参照<笑)
 30cmの金貨
大阪単位の萬円ちゃいまっせ、ほんものの萬円です(笑)。本物警備員付き(笑)。
で、中身は、宝探し謎解きゲーム。に、悪いやつが横取りにチャチャ入れてくる、って話。またもやツッコミどころ満載ですが(笑)、面白かったー。
ディズニー映画だからか?ほんとに夢物語な印象もありつつ、ほんとに娯楽映画って感じですね。

今日、突然降って沸いたんだけど、帰りに、去年制作したWEBの追加訂正原稿を貰って、即ギャラも貰って来た(!)。現金貰ってから仕事するのは、産まれて初めてかもしれない(笑)。なんか悪いことするみたいな気分なのは小心者だからでしょうか(笑)。
posted by A2 at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

2005年03月06日

「フライト・オブ・フェニックス」

「Flight of the Phoenix」の試写会に行ってまいりますた。
http://www.foxjapan.com/movies/flightofthephoenix/
ストーリーを読んだだけでオチは見えていたけど(笑)、なかなか楽しめました。ところどころツッコミどころ満載でしたが(笑)。映画は、絶望の中に希望を見い出す、出来ると信じること、の大切さが芯になってたので、私的にも共感しまくり。ただ、人が亡くなっていくシーンは辛いけどね。
主役の人が、ちょっとハリソンフォード似で(笑)、時々、錯覚してしまいます(殴られ)。←アメリカ人は皆同じ顔に見える記憶力の悪い日本人の感想(笑)。

私の飛行機嫌いは、一部では有名ですが(^o^;、一緒に観た友達から、こんなん観たらますます乗れへんのちゃう?ってツッこまれましたが(笑)、観るぶんには平気。高所も高スピードも大好きなんですね(笑)。ただ、自分が「浮いてる」状態が不安なだけで、飛行機をめっちゃ高いクレーンでぶら下げてくれたらいいのに(ぉぃ)、って感じよ。死ぬのが恐い訳でもなく、地面と繋がってない状態、のが嫌なのさ(^^;。やっぱり地に足を着けて移動しな(笑)。
posted by A2 at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。