2008年01月30日

CD:POP ROCK SHOP/斎藤誠 [CD+DVD]

斎藤誠さんの待望のニューアルバムが、2008/1/30にリリース♪。久々の、だいぶ年振りです(笑)。誠さんのDVD付のCDアルバムは、初めてですね。イマドキな流れやね。パタパタ収納出来る、通常のCDケースの厚みなので、ゴツくなくてヨイですね^-^)♪

new album:POP ROCK SHOP/斎藤誠 [CD+DVD]
定価:¥3,990(税込)
amazon:¥3,392(税込)送料無料[-¥598]15%off
なので、
まだ購入されてない人は(現時点では)amazonがオススメでございます(^-^)。amazonは、ヨク価格変動するので定価方面に戻ってたらごめんなさいm(_ _)m

CDは12曲収録、DVDは、PVまるごと1曲と、ギター教則バージョン1曲の合計2曲収録で10分ぐらいかな。(すんごいアバウトな記憶です<笑)

↓アルバム収録曲&使用ギター&参加ミュージシャンなどのご本人解説↓
http://www1.odn.ne.jp/~cah32600/POP%20ROCK%20SHOP.html




●率直な正直な素直な(←直ばっかり^^;)感想メモ●なので、甘口も当然ですけど、辛口コメントもありありです。個人的メモでスンマソン(^_^;。

ひとまずココでも【収録曲リスト】

[DISK1]
01.LOVE
02.Delicate (with 小谷美紗子)
03.Coolest Sister
04.別に奇跡なんかじゃないから(orchestra arrangement 斎藤ネコ)
05.哀しみのボート
06.バースデー(with 風街停留所(広沢タダシ/矢野真紀))
07.Dance(with 伴都美子)
08.再会の魔術(with Keison)
09.OVER
10.天気雨(with 川嶋あい)
11.Don’t Give It Up!
12.悲しみが遠くなってった

[DISK2] 〈DVD〉
01.天気雨PV
02.右から左に流れる(笑)楽譜付ギター教則

■第一印象:
いきなり辛口(?)スタートですが、全然「POP ROCK SHOP」じゃない(^_^;。
すごい「斎藤誠指数」は高く、本当に斎藤誠らしい、ヨイ感じのアルバムなのだけど、タイトル付けだけは、どうもチョット間違えた気がするのですが、どうでしょうか?(^_^;。やっぱり斎藤誠を、あえてジャンル分けするならば、過去にもさんざん言われて来た様に「和製AOR」だと思うのですよねぇ。参照→ http://ja.wikipedia.org/wiki/AOR
誠さんの中で、POP色、ROCKテイストを盛り込んだ気持ちは解るけど、やっぱり甘くて切なくてセクシーな優しい声質と、メロウなメロディラインが主の「斎藤誠らしい新アルバム」です(笑)。誠さんのアルバムは、繰り返し聴くと、ドンドンそれぞれの曲の色目が出て来るです。1回聴くだけでは、心地良さが勝って、聴き易過ぎて、サラッとBGM化しがちな気もします(^^;。売れて欲しい、というか、本当にイイ音楽なので、沢山の人達に聴いて欲しいけど、根気強い+凝り性な客層にウケるのは、やっぱりそういうスルメな曲だからなのだ、と思ったりします(笑)。なんやろねー、先輩で例えると(解り易いので<笑)、やっぱりA面の明朗快活な解り易い「ダーリン」的曲じゃなくて、マニアックなグルメが喜ぶB面の曲系「地下室のメロディ」なのだと思うのですね(笑)。

■私的にツボな曲:
【POP組】では、先行シングル曲の「天気雨」と、サビ以降の「バースデー」ですね。この2曲は、メロディがすごい気持ち良いです。「バースデー」の前半は、いわゆるマイナー系なんですか?ギターとか音階とかようワカランけど^^;なんせ「ちょっとナーバスな事があったりした?」的なスタートの音階なので、後半だけが好き(笑)。広沢タダシくんと矢野真紀ちゃんのコーラスもピッタリハマっててヨイですね(^-^)。前半ももっとCDも聴き込んだり、ライブで生で聴いたら印象変わるかもやけど、やっぱり後半が好きだー♪
【バラード&メロウ組】は、「LOVE」「別に奇跡なんかじゃないから」「OVER」。
「LOVE」は、230さんのアコースティックギターと誠さんのアコースティックギターの重なり具合が心地良くて好き。ボーカルよりギターチャンネルの曲かも(笑)。「別に奇跡なんかじゃないから」は、誠さんがラジオのエンディングでも流してくれているので、イチ押しの曲なのかな?(笑)。私的には、バラード組の中で一番のお気に入り。「OVER」は、「good night "2"」な曲で好き(笑)。歌詞は全然まだ見てないけど、丸くて奇麗なお月様が出てそうな曲です。癒されるーぅ。頑張りすぎる企業戦士な人、家庭を守る多忙なお母さん達には是非、これを聴きつつ癒されてください(^_^)。
【ピンポイントでマニアック組】(笑)は、「再会の魔術」のKeisonのコーラス(ちょっと男臭い声質)が、思いのほか、ヨイ感じですね。誠さんの声質が優しいから、やっぱり濃い声質と重なるほうが合うのかなぁ?とか思ったり。「Don't Give It Up!」のイントロ出だしがちょっと馬場さんテイスト(笑)。たぶん、元になる?参考にしてる?既に血肉になってる?「洋楽」が近い気がする。偶然のビンゴなのだろうけどね^-^)。曲の中盤からは過去の誠さんのいくつかの曲が重なるねんけど、曲名までは出て来ず^^;。最後のほうの、イケイケなギター三昧も心地良くて好き。
「悲しみが遠くなってった」の、サビ以降も好き(笑)。前半はダメダメなんかいっ!(^^;いや、そんなことないねんけど、今回のアルバムは、ちょっと異質転調が多過ぎる(遠過ぎる?差があり過ぎる?)気がするー。てことは、盛り沢山な味的な意味合いで「POP ROCK SHOP」なんやろうなぁ(^_^;。シンプル伊豆チョッキってのも、直球勝負でエエよー(笑)>誠さん。

■満足度+大好き度:
現時点では、85%ぐらいかな。一番好きなアルバムは、まだ『Dinner』が死守しております。二番手はアルファレコード時代か。しかし、先行シングルの『天気雨』は、3曲とも非常に秀悦なので、『今僕』に迫る勢い^-^)。

3月のアルバムお披露目クアトロLIVEで、ナマで早く聴きたいです。待ち遠しいなぁ♪
posted by A2 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | イチオシの逸品
この記事へのコメント
ワタクシのは本日やってきます。
で、DVD付きなのですか?知らなかった。
今夜聴くのが楽しみだわ〜〜〜〜。
Posted by blue_koichiro at 2008年02月01日 11:24
演奏出来る人は、嬉しいおまけ映像ですね(^-^)♪
でも譜面がスゴい勢いで、右から左に受け流す〜♪ので(笑)、結構 目が忙しそうです(笑)。
Posted by A2 at 2008年02月01日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。